嬉しいひととき☆

アンティーク調の家具が

絶妙に配置されている

雰囲気の良いダイニング。

 

沖縄からお仕事で来ていた

みんながねーさんと慕う

生き様のかっこいい女性とこころの友と

集えました♪

 

 

赤ワインをジンジャーエールで割った

キティがここのところのお気に入りで

ほろ酔い??を実感した夜でもあり

『さーとー、ほんと呑めるように

なったんだね〜』と

ねーさんに頭を撫でられる。笑

 

お酒があってもなくても

楽しいのですが、

さてわたしは完ぺき酔ったら

どうなるんだろう。

未知の自分、知りたいような

知りたくないような。。。

 


ねーねーが送ってくれた本日のチョコ。

ビターめでオレンジが効いててイイ♪

 

 

良い週末を☆

 


改めて、

Okinawa Delays feat.Satoko Ishimineのこと

新譜のこと、長くなりますが

改めてちゃんと伝えますね。

ライブに行きたいけれど

来られない方の為にも。

 

ライブでもちゃんと話せてない

気がするー笑

 

チルアウトミュージックの構想&制作は

4年前から始まりました。

もともとクラブミュージックが好きなこと

生音も好きですがエレクトロな音も♪

 

クラブミュージックに精通している

プロデューサーのMizuki氏は沖縄在住なので

東京、沖縄でやりとりをして

オリジナル音源のレコーディングは

上田禎さんとともに進めてきました。

 

 

わたしが最初に選んだ曲は、

宮古島の伝承歌

『なりやまあやぐ』でした。

宮古島がルーツである父が

小さな頃から、よくこのうたを

ギターで弾き語りしていたのです。

 

祖父の転勤先だった台湾で生まれ

那覇育ちの父が、

洋楽をうたってたかと思えば

宮古島のうたをうたいだしたり。

きっと、おじーおばーが

うたってくれてたんでしょうね。

 

言葉の意味は全く分かりませんでしたが

この曲とクラブミュージックを

融合させたらきっと、わたしらしい

表現が出来るかも!とひらめいて

制作がスタートしました。

 

 

1800年代から伝わる

このうたの意味を調べてみると

教訓歌であり恋歌でもあるそうで

興味深いですよ→参照 

 

当時の人のこころをより身近に感じながら

言葉が大きくのびる

1番と2番の詞をチルアウトでは選んで

うたっています。

 

そして、

先日のライブで披露しました『Vibration』

この曲はClaremont 56のオーナー

ポール・マーフィーからの

強いリクエストでした。

 

わたしが生まれる前の

70年代初頭のCity popは

とてもクールで、中でも

Vibrationを初めて聴いたとき

あまりにカッコ良過ぎて

うたってみたいと思う前に

尻込みしてしまいました。

でもなぜか、

うたわせてください!と

口からは出てて。笑

 

 

昨年末、レコーディングをする際に

さてどうなるかなぁ。。。

ほぼみんながそう思っていて。

上田禎さんを始め

素晴らしいメンバーが音を出した瞬間に

不安が一気に跳び

楽しい気分でうたうことが出来ました☆

 

良い意味で、石嶺聡子に対して

1番先入観を持ってなかったのは

ポールなんですよね。

 

この音源をすごく気に入ったとのことで

リリースへと急ピッチで進みました。

わたしにとっては

また世界を広げてくれた機会になり

こころから感謝です。

 

 

Okinawa Delays feat.Satoko Ishimineでは

本当に素晴らしい名立たるDJ達が

リミックスを手がけています。

 

配信リリースしています『HANA』は

スペインのイビザ島在住のレジェンド

Lenny Ibizzare(レニー・イビザール)

伝説的なクラブでDJをつとめ

ボブ・マーレイ、ドアーズ、ボブ・デュランなどの

大御所のリミックスを手がけている

プロデューサー/リミキサーです。

 

ライブではレニーのトラックで

うたっています。

 

そして、Max Essa(マックス・エッサ)は

開放的なバレアリックサウンドをリリースする

UK出身のプロデューサー/DJ

現在のバレアリックシーンに欠かせない存在で

数年前より東京に活動拠点を移し

ワールドワイドな活躍をされています。

 

 

配信に先駆けて

今回リリースとなりました

Nariyama Ayagu / Vibration

レコードの完売について

みなさんが自分のことのように

喜んでくださって、

ありがとうございます☆

ハートのあったかいみなさん!

 

先日のライブでは

上田禎さんのオリジナルトラックで

Nariyama Ayaguをうたいました。

 

レコードではPhil Mison(フィル・マイソン)

のリミックスが収録されています。

ずっと第一線で活躍されてる

超絶ヤバイDJと伺ってます。

Vibrationと合わせて、どうぞ

お楽しみに♪

 

 

うた、音楽を通じて

たくさんのご縁が重なって

意気投合し制作を始めたMizuki氏。

Mizuki氏がユニット名にOkinawaと入れたのは

世界の人に沖縄という素晴らしい場所を

知って欲しいという想いからです。

昨年夏頃お会いした

ポール・マーフィー、マックス・エッサも

本当に朗らかでやさしい人たち!

iPhoneImage.png

 

 

まだまだこれから。

楽しみながら、届けていきますねー☆

 

 

ライブのときに

たくさんのチョコもいただきました。

至福のひとときがたまらんよ☆

本日のチョコとカフェインレスコーヒー

さて、どれにしようかな。

 


Wow!!!

リリース情報がアップされる前に

昨日の朝、報告が。

 

イギリス、ロンドンのレーベル

Claremont 56(クレアモントフィフティーシックス)から

デジタルリリースの前に

10インチのアナログを

リリースする予定で進めていたのですが

一昨日出来上がったレコードが

すでに完売したそうです。ワーーーオ!

iPhoneImage.png

こういうのは初めてだそうで

とてもとてもとっても!!嬉しいですが

レコードが欲しいーと思っていた方

ごめんなさい。。。

 

オーダーも多数あり

増版を検討しているということで

また新しい情報が届きましたら

お伝えしますね☆

 

 

わたしも手元に届くのを

待ちわびています。

自分のうたがレコードになる日が

来るなんてね!!

 

アナログリリースの詳細です。

A1 NARIYAMA AYAGU (PHIL MISON REMIX)

A2 NARIYAMA AYAGU (PHIL MISON DUB MIX)

B   VIBRATION

 

 

それから、もうひとつ嬉しいことに

Claremont 56の10周年記念BOX SETに

Max Essaがリミックスを手がけた

NARIYAMA AYAGUのダブミックスが

収録されています。

ダンスしたくなる、かなりイイ感じ♪

 



LIVE PHOTO

Release information

♪この世界を
♪ten-year-old
♪おくりもの
iTunes storeにて
好評配信中!

♪New Release
Okinawa Delays
HANA REMIXES
♪Album
洋灯らんぷ~nostalgia for tomorrow~

YouTube official  

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Feed