またね。

今日、大好きなおばーとお別れした。
人として、同じ女性として、こころから尊敬する
素晴らしい人だった。

わたしのデビューのきっかけになった
長崎でのコンテストには、おばーも一緒に
応援に来てくれて、こころ強かった。
沖縄でのライブには、からだが辛くても
必ずごちそうを作って待っててくれた。
離れていてもたくさんの愛情を感じた。

つねにまわりにばかり気を配って、一生懸命働いてきて
さぁ、これからおじーとふたり
旅行したり、温泉に行ったり・・・
自分のために使う時間が始まる前に
さよならするなんてね。

おばーには到底かなわないけど
そのたくましい精神を目標に
生きていく。

実感ないよ。
おばーは鉄人みたいだったから。
いっぱいいっぱいありがとう。
おつかれさま。

またねだよ、おばー。


ten-year-old


将来の夢は歌手です。という
10歳の女の子にもらった手作りの小さなブレスレット。

ten-year-old♪(ライブでは何度か歌っていますが、まだCD化しておりません)
という英詩で書いたうたがあるのですが
偶然にもそのうたのなかのわたしは10歳。
その頃のわたしは、歌手になりたいということを
恥ずかしくて言えずにいたのですが
その女の子はハキハキと、キラキラした大きなおめめで
まっすぐに夢を言いました。


素晴らしい日。

4/3は、坂本サトルさん40歳のバースデーライブでした。

サトルさんのちから強い歌声には
いつも感動させてもらってて、
今回のバースデーライブというスペシャルな日に
参加させて頂くなんて嬉しい気持ちでいっぱいでした。

サトルさんがライブに向けてもくもくと準備してるあいだ
出演者、スタッフ全員で『サトルさんを泣かせよう』という
サプライズを企画していました。

ライブも終盤、サトルさんが出演者全員を送り出したあと、
ひとりステージに残って、会場のみなさんに最後のあいさつをしているときに
山寺 宏一さんの『ちょっと待ったー』の声を合図に
特大のバースデーケーキで♪ハッピーバースデーを。
六本木ヒルズのお食事券。
ご両親からのお手紙。
最後に全員でサトルさんの曲『Happy Birthday』を
うたいました。

サトルさん泣いたぜー!
サトルさんより先にわたし泣いてしまったぜー!しかもあたまっから。
だってさ、サトルさんはじめ出演者、スタッフ、
会場にいたみなさんのエネルギーがあまりにもあったかくてさ。
最初から最後まで感動しっぱなしの
素晴らしいライブでした。


打ち上げでは、同じテーブルに座っていた山寺さんの
アンパンマンのチーズの声、エディー・マーフィーの声や
ものまねなど近くで聴けて感動(甥っ子姪っ子よ〜、さーとーは生で聴いたぞ〜(涙)
サンポーニャの瀬木さんの直球な下ネタにア然。
その後も他の人に伝染して下ネタの話題は続く・・・
おもしろい。なかなか男性のまじめな性の
研究のお話を聴く機会がないのでね。
でも打ち上げの場にこういうことはよくある。
あるあるよくある 俺もある(リクオさんのうたより)

サトルさんと繋がるすべての人の
あったかさにあふれた素晴らしい日でした。


サプライズ用の特大バースデーケーキ。
加藤いづみさんが発注してくれたこともあり
女性控え室に隠してあったので
きれいな状態をカメラにおさめておきました。
今回いづみさんは率先してサプライズ企画を成功へと導いてくれました。
すごいです、いづみ隊長!おつかれさまでした。


LIVE PHOTO

Release information

♪この世界を
♪ten-year-old
♪おくりもの
♪Okinawa Delays曲
iTunes storeにて
好評配信中!

♪New Release
Okinawa Delays
HANA REMIXES
YouTube official  

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Feed